あたまのなかみ

あたまのなかみを公開します

この瞬間に間に合うか 〜ラ・カージュ オ・フォール観てきました〜

ツイッターにも書いたけど、ラカージュオフォールがとても素晴らしかったのです。

 

 

 

 

 

 

書きはぐっているけど、愛原実花さんとても可愛かったよね。

白いお衣装でクルクル回って。

なぜ拍手が起きないのか不思議なくらいだった。

 

そんなこんなでとてもいい舞台を観てきたわけですが、ひとつしみじみと思ったことがあるのです。

 

ああ私、2018年のラカージュオフォールに間に合った…と。

 

舞台以外でも何か趣味があると、その瞬間にリアルタイムで立ち会えたとかについて考えることがありませんか?

価値、といったらあまりしっくりくる言葉にはならないけど、この時間を生で経験できたことに対して、何物にも変えがたい大切な気持ちを感じたりしませんか?

時には仲間に「俺、○○の解散ライブ、みてたんだよー!やーあれはよかった!」なんて自慢してみたり、

また時には、「あと数年早くハマってたらあの記念公演を観られたかもしれないのに…」なんて悔やんでみたり、

なんてことは何かを愛する所謂「オタク」にはよくあることではないかしら。

 

私は宝塚をしばしば観るのですが、初観劇が2015年雪ルパンの新参者なので、

とっとと足を運んでいれば…

霧矢大夢さんのトップ時代に間に合ったのに…

2008年のApasionado!!のプロローグ、瀬奈じゅんさんの大階段まるごとのお衣装に間に合ったのに…

安蘭けいさんのトップ時代にも、一部は間に合ったのに…

望海ルキーニに間に合ったのに…

蘭蘭コンビの素晴らしいショーに間に合ったのに…

なんて考えているのです。

一部ツイッターのプロフにも書いていたりします。

 

先日、順みつきさんが亡くなった時も…

 

 

 

と思っていたのです。

 

時間を巻き戻すことはできないから、いま「間に合ったな」と感じる気持ちと間に合った事実は私の中で大切にしたい。

宝塚でも「間に合った!」と感じるものがたくさんあるし、

ラカージュも、間に合って嬉しかったもののひとつ。

胸の中に大切にしまいたいです。

 

最後にもうひとつ、間に合ってとってもよかったと心から思っているもの。

 

 

sunaomeiko.hatenablog.com

 ものというか、人だけど。雨宮まみさん。

憧れの人に亡くなる前に一度だけでもお会いできたこと、本当に本当に私の宝物です。

今日の私、映画「リメンバー・ミー」をみたばかりだからちょっとセンチメンタルなのかしら。

 

話がとっちらかってるけど、ラカージュに間に合ってよかった。

岡田育さんの熱烈なオススメに吸い寄せられて足を運んでよかった。

ありがとうございます。

これからも何かにピンときたら迷わず吸い寄せられよう。うん。

 

では、おやすみなさい。

FNSで宝塚や及川光博さんが気になった方へ

FNS、初っ端は間に合わなかったけどミッチー宙組さんのコラボは間に合いましたよ!

美しさが溢れ過ぎて、テレビ画面割れるかと思いましたよね!

 

この番組をきっかけに宝塚やミッチーが気になってしまったそこのあなた!

あなたに向けてお伝えしたいことがあります!

 

 

まず、宝塚が気になったあなたへ。

なんかハマりそう、観にいってみたいなーと思ったら、できるだけ早く劇場に足を運んでみてください。

チケットの取り方とかわからないし、どれを観にいったらいいの?な状態の人は、その気持ちを周りに伝えてください。

ツイッターで呟くでも職場や学校でさりげなく話題に出すでもOK!

どこからともなく宝塚ファンが現れて、手助けしてくれるはずです笑

お友達や、同僚、クラスメイトが、「私、宝塚好きだよ!」「私はよくわかんないけどお姉ちゃんが宝塚好きみたい」なんてことを言ってくれるかもです。

でも、お高いんでしょう・・・?なんて思ったそこのあなた!

心配後無用!

B席なら3,500円です!オススメはS席ですが、そちらも8,300~8,800円。

ミュージシャンやアイドルのライブのお値段と大差ないですね。

なんとなく察してくださると思いますが、宝塚は凄くお金のかかる趣味だと思われがちですが、お金のかけ方は調節できるのですよ。

たまーに行くくらいならいいかな?ってお値段だと思いませんか??

とか言いつつ、気付けば自制できなくなるほどの魅力があるのですが笑

 

私は「いつか一回、宝塚観に行きたいなー」なんてのんびりしてたクチなのですが、なんでもっと早く行かなかったのかと後悔しているのです。

関西に来てすぐにハマれてたら、霧矢大夢さん安蘭けいさんも現役姿拝めてたのにーー!!!ということなのです。

順みつきさんの現役は生まれてないから間に合わなかったけど…

退団後の舞台も観に行っているのですが、そうすればするほど、宝塚時代もみてみたかったと思うのです。

今観に行けば、どなたかの現役姿に間に合うかもしれません。

私自身、この人には間に合えた!と思うスターさんが何人もいるのです。

行くなら、今なのです。

 

そして宝塚ファンの方々、FNSを機に宝塚に興味を持ってくれた方にはグイグイ行き過ぎずに、うまいこと華麗に鮮やかに(?)劇場までお連れしましょう。

せっかくお仲間が増えるかもしれないのですから、宝塚ファンこわっ…って思われることのないように…笑

このブログがこえーよ!というのは、特定の個人に向けてない分、ご容赦を!笑

気になってここまで読んでくれた方が、どうか観劇までこぎつけますように。

私も初心者ですが、楽しいですよ!世界が彩られていきますよ!

 

 

 

長くなりましたが次に、及川光博さんが気になってしまったあなたへ。

私はコンサートに一回行っただけの超初心者ベイベーなので、もっと熱く語れる方がたくさんいるのですが、あえてそんな初心者目線で書いてみます。

年を重ねても色気とロイヤルな雰囲気が溢れまくるミッチー。

ミッチーは、毎年ツアーをやっているみたいですよ。

チケットも、席を選ばなければ入手しやすいです。

というわけで、直感で「行かねば!」と思い立ち、友達共々曲とかも詳しくないまま、初めてコンサートに行ってみたのが今年の夏。

その時に感じたことがこちらのブログ。

 

sunaomeiko.hatenablog.com

 

愛に溢れて素敵な時間でした。

曲知らなくても、フリ知らなくても、終わった後にはやりきった感というか、スッキリするし、満たされた気持ちになります。

 

一度、行ってみることをオススメします!!デトックスできます!笑

一緒にキラキラしましょう!

 

 

以上、どちらも気になったら足を運ぶべし!です!

私と雨宮まみさんと、時々タカラヅカ

昨日、というか日付が変わったから一昨日は雨宮まみさんの命日でした。
一年、早かったような長かったような。
今でもたまに、心の中でまみさんに語りかけています。
ツイッターを見ると、同じようにまみさんに想いを馳せている方々がいて、知らない人同士なのになんだかあったかい気持ちになりました。

 

昨晩の私はというと、少し久々に私のバイブル『女子をこじらせて』を取り出して読んでました。
読むの遅いから一晩で読みきらなかったけど、やっぱりまみさんの文章が好きだし、救ってもらったし、間違いなく人生の幅を広げてもらったなあと思います。

 

今日は、私の中のまみさんの思い出を勝手に書き綴ります。

注:私はただの一読者なので、以下完全に私の徒然なるままの回想日記です。

 

まみさんを知ってのは、上に挙げた私のバイブル『女子をこじらせて』がきっかけでした。
ハッキリとは覚えてないけど、多分ツイッターでオススメの本としてTLに流れてきたんだと思います。
試し読みしたわけでもないのになんとなく導かれるままに買ったことを考えると、運命ってこういうことなのかなー、なんて。

 

本に出てくるまみさんと私は、やってることは全然違うのに抱えてきた感情が近くて、子供の頃からの人生の答えあわせをしているようでした。

そして、自分がまだ過ごしていない年齢の部分は人生の予習をしているようでした。

これを読んだら、心の中に味方がいるような、少し強く生きていけるような、そんな気がしました。

 私だけでなく多くの人が抱えてきた感情に寄り添った文章を書いてくれるのが雨宮まみさんなんですよね。

それ以外の本も買ったし、ツイッターでフォローしてネットの連載も読んでました。

お悩みの連載も、お部屋探しの記事も、amazon買い物ブログも、どれも好きだったなあ。

 

ある日、まみさんが大阪に来ることを知りました。

ZUKA BAR ノバ・ボサノバさん↓

twitter.com

たちが、「タカラヅカハンドブック」の出版を祝うイベント(だったのかな?)、その名も『ヅカ色の雨にぬれて』。

当時、宝塚のタの字も知らず、「関西に住んで暫く経つし、まみさんもお好きみたいだから一度は観劇してみたいなー」程度だった私。

イベント内容は全然ついていけないかもだけど、関西でまみさんがイベントをされるとかなかなかないと思ったし、とにかくまみさんに会いたいがために無防備にも乗り込んだのです。

 

最初は「やっぱ宝塚のメイクって濃いなあ…」なんて思いながら座っていたのですが、会場にいる皆さん(出演者も、遊びに来てた方々も、ほんまにみんな!)の熱量と楽しそうなお姿に圧倒されて、いつのまにか私も一緒に「うおおおお!」ってなってて、帰る頃には「チケット取らなきゃ…!」ってなってました笑

話が脱線していますが、まみさんが、そしてこのイベントが、私が観劇するようになったきっかけです。

(ゆるい宝塚ファンとしてすくすく育った今なら、イベントタイトルが何のオマージュだったかわかるぜ…!雪組さんでの再演、素敵でしたね。)

こんなところに書いて宣伝になるかわからないし、そもそもただの客である私が勝手に宣伝するのも失礼だけど、ノバ・ボサノバさんのヅカオタお茶会11/29(水)にも開催されますよ。難波のLoft Plus One Westにて。

 

いつもぼっち参加していますが毎回めっちゃ楽しいので、うっかりここまで読んじゃった人はぜひ来てみんなでワーキャーしましょうね。

 

で、そのイベントの日にまみさんがサイン会してくださるということだったので、並びました。

心から尊敬する憧れの人が目の前に!という緊張と興奮で本当に泣きそうで、並んでる間に泣かないようにずっと太ももをつねったり無理やり別のことを考えたりしていました。

結局私の番になった瞬間に涙腺決壊したんですけどね笑

「こんばんは~(ダバダバダバーーーーー)」みたいな笑

対面した瞬間に泣き出すという明らかに挙動不審な私にも、まみさんは優しかった。

気持ちが溢れるばかりで、何も言葉にして伝えることはできなかったけど、本当にあの日にお会いできてよかった。

当日購入した『タカラヅカハンドブック』にサインをいただき、更に我侭を言って『女子をこじらせて』にもサインを入れてもらいました。

ここには載せないけど、まみさんのサインめっちゃかわいいですよね。

 

本を通して出てきた感情のひとつひとつが、私のまみさんに対する宝物。

あの日会いに行けたことも、特別な思い出。

まみさんのことを考える時には、文章を読んだときの気持ちの高揚とともに、優しい笑顔を思い出します。

 

正直、亡くなったと知った時は、凄くショックで悲しくて、それと同時に人生の先生がいなくなってしまうような、困る!という感情まで湧いてしまいました。まみさんにとっては失礼で迷惑な話でしかないと思いますが、誰が私や他の読者を支えてくれるのだろうと途方に暮れてしまったのです。

仕事中にうっかりネットで訃報を知って、その日は仕事にならずに一日放心状態で泣いて。

でも次の日には決めていました。私は絶対40歳より前には死なない、と。

まみさんが生きることが叶わなかった40歳より先を、私は味わってやるんだ、と。

意地でも、絶対絶対生きてやる!

辛いことも悩むことも多いけど、楽しいことも含めて全部なめつくしてやるんだ。

 

私の最近は、考えることが多くてぼんやり生きてしまう時期のようだけど、この節目に本を読み返して、殴り書きの日記のようなブログを書いて、気持ちが新たになったかも。

改めて、生きようと思った。うん。

 

 

明日、というか今日はこんなイベントもあるようなので行ってみようかな。

 というこれまた謎な宣伝。

 

 

…どうしめたらいいかわかんなくなっちゃった。

特に推敲もしていないめちゃくちゃな文章だけど、明日のために、最近荒れまくってるお肌のために、風呂って寝ます。

もしここまで読んでくださった方がいらしたら…「本日は本当にありがとうございました!」

おやすみなさい。

神々の土地/クラシカル ビジュー ~初日付近の振り返り~

琥珀色の雨にぬれてドSがもう一度観たい。

観劇翌日に、趣味のセルフネイルを雪組琥珀仕様にしちゃいましたよ!

爪を見つめながら毎日うっとり。そんな今日この頃です。

 

今日は「神々の土地」「クラシカル ビジュー」について。

初日あけてすぐ観劇したのに、今更書いてみます笑

まだ一回しか観ていないので、ストーリーや細かい描写についてはそっちのけの感想。

 

まずポスター。

完全に騙された気がする!笑

実際観劇したらこの4人がポスターって違和感があって、人事的な話だけな気が…

観劇後にポスターみたらなんかしっくりこなかった。

 

伶美うららがとにかく綺麗だった。

騙されてつれて来られたパーティの白いドレスを着たうらら様がとくに大好き。

お芝居の声も大好き。

かなり年上の人と結婚していた過去がある落ち着きや、立場上の覚悟などが表れた素晴らしい声だったと思います。

せめてお歌がもう少しなんとかなれば…退団されるのが悲しいです。

 

真風涼帆さん

今回の髪型はあまり好みではないかも。完全に私の好みの話だけど。

エリザのフランツの髪色か、黒髪でもシェイクスピアの時みたいのが好きだな。

神々~の冒頭10分程はかなり説明台詞が多いのですが、私が観た段階ではまだお口に馴染んでなさそうでした。頑張れ!!

こういう静かなお芝居より、王妃~のルイみたいなお役の方が得意分野なのかな、という印象。

や、王妃でも真面目なシーンはあったのですが、それは違和感なかったのです。

シェイクスピアやエリザはよかったので、現代の人間っぽくないお役が合うのかな。

ところで「くるまでまつ!!」って何だったのかしら。

「車で」と「来るまで」をかけてるの??

ショーのまあ様との縦リフト?は、なんか凄かったですね!

なにあれ!!(興奮してる)

 

星風まどかさん

声がキンキンしているのは彼女なりの役作り?

主要メンバーの中では若い設定で、でも一生懸命言葉を放っている、的な?

パーシャル~のまどかちゃんがよかったとの噂をきいていたので、うーん。

オリガのかわいらしいお衣装は凄く合ってたと思う!

ショーは雰囲気とかオーラとしてのアイドルっぽさ、小さなかわいいプリンセスっぽさはバッチリと思うので、表情にバリエーションが増えてほしいところ。

割と同じ笑顔してる気がする。

 

星吹彩翔さん

頼むからもっともんちさんを使ってくれーーーーー!!

私はもっともんちさんが見たいんだーーー!!

 

凛城きらさん

美しすぎてびっくりした。

なんか、重く熱いものが溢れ出ていて、舞台上にいるだけでこちらまでピリッとしてしまいました。

なんて凄い人なんだ。

 

 

お芝居はジプシー?っぽい曲と踊りが激アツでしたね!

酒場でも最後でもガンガン走るので、迫力満点。

どうかお怪我のないように。

 

ショーは今のところピンときてないけど、複数回観たら幸せが溢れるスルメタイプな予感がしてこわい…笑

プロローグの娘役さんたちの謎なお衣装も、いつか愛してしまうのだろうか…。

(同じようなかんじで、FLのドピンクのお衣装で幸せが溢れ反射的に涙が出る症候群なので笑)

 

冒頭にも書いた通り初日付近の感想ですので、今頃はもっと進化していることでしょう!

正直初回って圧倒されてファーーーーってなってることが多いですし、次の観劇では細かいところも味わえるはず。

特にお芝居、好きな雰囲気なのでもっとしっかり味わいたいなあ。楽しみ。

 

うん、お風呂入って寝よう。おやすみなさい。

琥珀色の雨にぬれて ~グッドメロディは宝~

本日、無事に観劇してまいりました。

琥珀色の雨にぬれて』『”D"ramatic S!

直前までチケットが入手できなくて、どうしようかと思っていたのですが、

どうにかこうにか叶って本当によかったです。

だいきほのプレお披露目を見守ることができて、幸せでした。

 

感想はたくさんたくさんあるのですが今日はもう満足感からか眠いので…

舞台直接ではない感想をひとつだけ。

 

今回確信したこと。

私、やっぱ寺田瀧雄氏の曲大好きだわ。

宝塚初心者なので作曲家とか演出家とか振付の先生とかそんなに詳しくないのですが、

ラブドリを観劇した際に、昔からの宝塚の曲って凄く私のツボに入る曲が多いことに気付いたんですよ。

後日DVDを購入して、再生しながら中のブックレットをぱらぱらめくってたら、

好きな曲がほぼ寺田氏作曲でした。

公演プログラムには曲名のすぐそばに情報が書いてなかったからわからなかったのよねー。

というのが出会い。

 

なんでしょう、胸をゆさぶられるあの歌曲的なメロディーは。

もともと渋くてメロディアスでかっこいい歌謡曲的な曲が好きなのもあるとは思うのですが、

本当にドストライク。

 

琥珀~に出てくる曲も素敵。

更に歌うまトップコンビが唄ってくれてることもあり、更にたっぷり楽しめました。

 

いろいろあったお方のようですが、グッドメロディは宝です。

寺田先生ありがとう。

あー、書いてるうちに日付変わっちゃった。おやすみなさい。

邪馬台国の風/Sante!! ~~

今日は花組さん。

芹香斗亜さんがここにきて一気にかっこよくなったと思いませんか!

宙組さんに行ってしまいますけれども!泣

でも宙組さん割としっくりきそう。

 

いよいよ明日東京初日ですね!

邪馬台国の風はいろいろアレすぎましたが、あれから更に手が加わったりしているのでしょうか。

そして103期生たちは出演したりするのでしょうか。

↑例年どうだったかしら…

ムラ初日あけてからすぐに観て、ムラで少し変更があってからも一度観て、

なんやかんや東京公演も観にいくので、どう変わったのかドキドキです。

あ、マイティーが銀橋でジャンプするのは凄いと思いましたよ!! 

 

邪馬台国は置いておいて笑、Sante!!の話を。

花組さんらしいショーで楽しかったですね。

・明日海りおさんがせり上がりながら終わるのとか、なんか好き。

・美穂圭子さんの愛の賛歌が圧巻

・仙名彩世さんの声はショー向きですね。ショーにワクワクを足してくれる声。

 

ところで皆さんご覧になりましたか?

あきら×マイティーの例の舞台写真。

なんだかまじまじと見てはいけないような気がして、キャトルに行ってもなかなか手に取れなかったんですよ。

他の写真を見るフリをして横目で見たり笑

どうしても欲しくて買ったんですけどね、

一緒に購入する雑誌や写真の一番下に忍ばせてレジに向かいました笑

まるでエロ本でも買うみたいに笑

 

てな感じでとても素晴らしいショーだと思うのですが、ひとつだけ…

たそやビッグに女装させるのはやめてほしい!!

あのふたりは他の女装とは違う狙いでさせてて、笑いを取らせようとしているんだなーと思うと、逆にしゅー…っとさめてゆく。

今時ナンセンスな演出かなーと。

おいしくしているつもりなのだろうが、まったくおいしくないと思うんですよね。

EXCITER!!もそんなんあったよね…

 

そこ以外はとても楽しいショーでした♪

おやすみなさい。

ちぎみゆさようなら ~だいきほこんにちは~

夕方に外に出たら、幼稚園生くらいの女の子がお友達に向かって

「おーい○○ちゃーん、さようならー!」って大きな声でご挨拶していました。

イマドキの子は、挨拶で「さようなら」を使うのだなあとビックリ。

どうも我々世代とって「サヨナラ」は、タカラジェンヌの退団やアイドルの卒業(今は脱退と言わないらしいね)、恋人が恋人でなくなる時などを表す名詞・動詞的な言葉な気がしてしまうのです。

身近で感動詞の挨拶として、声に出して「さようなら」と言葉を交わすことってないなあと思うのですが、若い子は使うのですねえ。

一周回ってなんだかオシャレな気がしてしまいます。

 

さて、大千秋楽が終わってしまいましたね。

雪組の皆さん、素晴らしい舞台を本当にありがとうございました。

ちぎさん、ゆうみちゃん、今何をしているのでしょう。

燃え尽きて暫くゆっくり眠ったりしているのかしら。

宝塚に入ってよかったなあ、と思いながら瞼を閉じているなら、いちファンとしてとても幸せです。

 

2015年の雪ルパンで初めて宝塚の舞台を観てとても感激したことをよく覚えています。

モノマネとかしゃべり方をコピーしているとかじゃないのに、そこにルパンがいる!と興奮しました。

ワクワクするようなファン生活のスタートを切れて、初観劇が雪ルパンでよかったと今でも思っています。

今回の幕末太陽傳でも、舞台人として最後まで新しい姿をみせてくださり、まだまだ現体制をみていたいと願ってしまいました。

お互いを思い合える相手役さんに出会え、素晴らしい演目に恵まれ、ひとつの時代を築いたまさにゴールデンコンビでしたね。

ツイッターで検索をかけると、ファンの方々のたくさんの思いを見ることができて、本当に愛されていたんだなあと、じーんときます。

ちぎみゆの宝塚現役時代を生で見てたんだよっていつか自慢できると思う。

 

ちぎみゆだけでなく、主要スターの退団も多かった今回。

みなさんが平穏な気持ちで満たされ、新しい未来へ向かってゆけますように。

(がおちゃんのムラ楽アドリブよりお言葉をお借りして。あれは泣いた~)

 

そして、だいきほトップ就任おめでとうございます。

ちぎみゆへの寂しい気持ち、だいきほへの高揚感、相反するようですがどちらも本物の気持ちです。

だいきほのコンビとしての雰囲気はどんな風になるのでしょう。

雪組の雰囲気はどんな風に。

演目は、どんなものが待っているのでしょう。

個人的には、のぞ様がトップに就任した以上、絶対に

激アツなショーがみたいです!!!

どっしり重くアツい系もこい!爽やかなのに釣りまくり系もこい!

叶うのならば、組子みんなの歌をレベルアップして海外ミュージカルも。

ひたすらスッゲーーーー!!って圧倒される舞台を期待しています。

 

まずは全ツとドラマシティ!どちらもチケットがない!!

ロベスピエールはあるのに!笑

大変だ!なんとかなりますように…