読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのなかみ

あたまのなかみを公開します

炎上したブレンディのCMを振り返って ~あれは○○だったらよかった~

乗り遅れましたが、ブレンディのCM、荒れましたね。例の牛のやつ。

当時(と言ってもひとつきほど前なのですが)ツイッターで流れてきたまとめサイトか何かを見て事態を知り、問題の動画を見ました。

強烈…!凄い…!

というのが私の感想でした。

叩かれていたような嫌悪感はありませんでした。

現代社会の圧力みたいなテーマを、心にずしんとくる形でえがいた、凄まじい作品だと思ったのです。

で、なんでこんなに炎上したのかな?と考えて、すぐ腑に落ちました。

この動画がCMだからです。

私は最初うっかり、有名テレビ番組『世にも奇妙な物語』の感覚でこの動画を見ていたのです。

企業・商品のCMとしてではなく、あくまでもひとつの作品・物語、といった気分で。

だから、「すげえモノがきた!」みたいなテンションだったのですね。

この作品自体は、現代社会の闇を風刺したドギツイもの。

成功・失敗。

社会の歯車。

本当に必要かどうか、更に報われるかどうかもわからない努力。

理不尽でゲスなオトナがいる社会に向かっていくこと。

みたいな、現代の若者の多くが苦しんでいるものが詰まっているんです。

そりゃあトラウマレベルで心に刻まれますよ!

そういう意味ではいい作品なんです。

しかし、これはCMです。

企業・商品を売り出すためのもの。

そういう意味で考えるとどうだろう?

ちっともよくないね!

お、今度ブレンディ飲もうかな♪なんてならないもの。

寧ろ、この会社って、こんなかんじなの…?って、ドン引きしちゃう。

だから炎上したんですね。

やー、

これが『世にも奇妙な物語』のお話だったらどんなに素晴らしかったか!

今回のブレンディCM炎上について上手く考察されているのが、

http://mistclast.hatenablog.com/entry/2015/10/03/163446

Mistir様のこちらのブログ。

読みながら首を縦にブンブン振っておりました。

というか、殆ど同意で、丁寧にまとめられた考察に凄く刺激を受けたので、私のこの記事はかなりMistir様の文章に引っ張られております。勝手に失礼しました。

はー、自分のブログのタイトル通り、私も自分のあたまの中身を言語化してまとめられるように、もっともっと頑張らなくちゃなー。

ぐんない☆