読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのなかみ

あたまのなかみを公開します

2011年宝塚星組「メイちゃんの執事」 ~胸キュンについて~

2011年宝塚星組メイちゃんの執事ー私の命に代えてお守りしますー」みました。勿論、過去の公演なので、自宅にて。

ネタバレ?ではないかもだけど、少し内容書きますので、閲覧注意。
そういうシチュエーションに長年縁がない人生だったからか、少女漫画チックなものって大好物なんですよ。

胸キュンなシーン、女子の世界…うっとりします。

漫画内の女子の世界に心動くのは、私がスクールカーストの底辺で、友達のいない生活を送っていたからかと。私にとって、漫画にある女子ワールドは、非日常・異世界。
一番キュンなシーンは、理人さんがメイちゃんにリップを塗るシーン!

メイちゃんに合うように調合してくれて!

指で塗ってくれて!!

ほんでキッス!!!
は~、たまらん[emoji:v-238]
メイちゃんがプレゼントに驚いているのも、理人さんが我慢できなくなってしまっているのも。

見てるこっちがハラハラドキドキしちゃーう!

あの間合いがね!最高よね!
そして少女漫画感をどーんと引き出してくれるのは、美弥るりかさんの目の大きさ!

二次元から飛び出してきたようなビジュアルで、舞台に引き込んでくれます。
他の演者さんをみても、漫画という現実離れした世界観を作り出していて、素敵な舞台だなーと思いました。

原作は読んだことないから、みてみることにしよう♪

そして、この作品を通して気付いたこと。

私は少女漫画の、キスにドキドキするような胸キュン具合が好きだ!

大人なんて、セ◯クスばっかだからねー。

そういうのより、「キスって、どんなかんじなんだろ…?!」くらいの、キスに憧れるようなドキドキがイイ!

更に言えば、唇をアップするより、この舞台のように背を向けてるくらいが一番ズキューン

そんなこんなで、乙女心が満たされて大満足な作品でした。