読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたまのなかみ

あたまのなかみを公開します

お引越し ~はじめましてagain~

いつもの気まぐれで、お引越ししました。

FC2からはてぶへ。

 

記事の引継ぎはできたっぽいので、またちまちまと書くことにしましょう。

スカピン観てきたし、まずはそれかな。

 

ではまた。

長崎大病院の障害者差別について ~そういう問題じゃない~

みなさまこんばんは。まずはこの記事を。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000041-asahi-soci

長崎大の婦人科にかかった障害者女性とその親に対して「彼氏も結婚もできないでしょ?」と言い放った女医。

その問題に投書があったにもかかわらずそれに対して対応報告が充分になされなかったという話題。

んも~、つっこみどころ多すぎません??

①そんなことを言えた女医の頭

仮に心の中で思ってたとしても、口に出したらアウトなことってあります。

そもそも生理不順で来院したんでしょ?PMSって知ってる?日々の生活に支障が出るものだから病院行ったんじゃないかね。

②注意する側の頭

『増崎英明院長が会長を務める意見箱の検討会は、障害のある人に配慮するよう医師を注意した。』ですって。

障害のある人に配慮するとか、そこじゃねえよ!

相手が障害者であろうとなかろうと、人間として言ってはいけないことを言ったし、下手したらPMSの知識が充分にない医師なんですよ?

ていうかこの検討会の会長は院長なの?検討会がまともに機能していない上に、院長がダメすぎるのがバレたな。

③問題の放置

8月に投書があって、12月に「あの件どうなったの?」と親サイドから言われて初めて謝罪。

女医や検討会のみなさんが、

「ど~~~~~でもいいわ!ハッ」程度に思ってたってことですね~。

最早②の、注意しましたってのも本当かどうかわからないよね。

④言い訳

最後の段落にあいた口がふさがらなくなったので、まるっと抜粋しますわね。

『発言をした医師は「妊娠や診療の心配はないことを伝えたかった」と話しているという。増崎院長は「配慮を欠いた説明により誤解を招き、たいへん遺憾。(医師の)真意は障害者を蔑視したわけではなく、言葉が足らなかった」とコメントした。』

上の①の通りPMSというものがあるので診療の必要がないとは言い切れません。

真意がねじれ伝わったのが問題ではなく、言わなくていい真意までバッチリ伝わった結果なので、『誤解を招いた』わけでも『言葉が足らなかった』わけでもありません。

よく言われることだけど、「遺憾」とは、goo辞書さん曰く『期待したようにならず、心残りであること。残念に思うこと。また、そのさま。』

つまり、あんまり悪いと思ってないのよね。全く謝る気がありません。

『障害者蔑視ではない』って、本当に本当にそう思ってる?

言葉じゃなんとでも言えるんだから自分の胸に手を当てて考えてみやがれ!

フェミニズムや障害に絡むと、どうしても熱くなってしまうな。

手帳が出ない程度の障害?持ちの女の子、明子ちゃんでした。

炎上したブレンディのCMを振り返って ~あれは○○だったらよかった~

乗り遅れましたが、ブレンディのCM、荒れましたね。例の牛のやつ。

当時(と言ってもひとつきほど前なのですが)ツイッターで流れてきたまとめサイトか何かを見て事態を知り、問題の動画を見ました。

強烈…!凄い…!

というのが私の感想でした。

叩かれていたような嫌悪感はありませんでした。

現代社会の圧力みたいなテーマを、心にずしんとくる形でえがいた、凄まじい作品だと思ったのです。

で、なんでこんなに炎上したのかな?と考えて、すぐ腑に落ちました。

この動画がCMだからです。

私は最初うっかり、有名テレビ番組『世にも奇妙な物語』の感覚でこの動画を見ていたのです。

企業・商品のCMとしてではなく、あくまでもひとつの作品・物語、といった気分で。

だから、「すげえモノがきた!」みたいなテンションだったのですね。

この作品自体は、現代社会の闇を風刺したドギツイもの。

成功・失敗。

社会の歯車。

本当に必要かどうか、更に報われるかどうかもわからない努力。

理不尽でゲスなオトナがいる社会に向かっていくこと。

みたいな、現代の若者の多くが苦しんでいるものが詰まっているんです。

そりゃあトラウマレベルで心に刻まれますよ!

そういう意味ではいい作品なんです。

しかし、これはCMです。

企業・商品を売り出すためのもの。

そういう意味で考えるとどうだろう?

ちっともよくないね!

お、今度ブレンディ飲もうかな♪なんてならないもの。

寧ろ、この会社って、こんなかんじなの…?って、ドン引きしちゃう。

だから炎上したんですね。

やー、

これが『世にも奇妙な物語』のお話だったらどんなに素晴らしかったか!

今回のブレンディCM炎上について上手く考察されているのが、

http://mistclast.hatenablog.com/entry/2015/10/03/163446

Mistir様のこちらのブログ。

読みながら首を縦にブンブン振っておりました。

というか、殆ど同意で、丁寧にまとめられた考察に凄く刺激を受けたので、私のこの記事はかなりMistir様の文章に引っ張られております。勝手に失礼しました。

はー、自分のブログのタイトル通り、私も自分のあたまの中身を言語化してまとめられるように、もっともっと頑張らなくちゃなー。

ぐんない☆

2011年宝塚星組「メイちゃんの執事」 ~胸キュンについて~

2011年宝塚星組メイちゃんの執事ー私の命に代えてお守りしますー」みました。勿論、過去の公演なので、自宅にて。

ネタバレ?ではないかもだけど、少し内容書きますので、閲覧注意。
そういうシチュエーションに長年縁がない人生だったからか、少女漫画チックなものって大好物なんですよ。

胸キュンなシーン、女子の世界…うっとりします。

漫画内の女子の世界に心動くのは、私がスクールカーストの底辺で、友達のいない生活を送っていたからかと。私にとって、漫画にある女子ワールドは、非日常・異世界。
一番キュンなシーンは、理人さんがメイちゃんにリップを塗るシーン!

メイちゃんに合うように調合してくれて!

指で塗ってくれて!!

ほんでキッス!!!
は~、たまらん[emoji:v-238]
メイちゃんがプレゼントに驚いているのも、理人さんが我慢できなくなってしまっているのも。

見てるこっちがハラハラドキドキしちゃーう!

あの間合いがね!最高よね!
そして少女漫画感をどーんと引き出してくれるのは、美弥るりかさんの目の大きさ!

二次元から飛び出してきたようなビジュアルで、舞台に引き込んでくれます。
他の演者さんをみても、漫画という現実離れした世界観を作り出していて、素敵な舞台だなーと思いました。

原作は読んだことないから、みてみることにしよう♪

そして、この作品を通して気付いたこと。

私は少女漫画の、キスにドキドキするような胸キュン具合が好きだ!

大人なんて、セ◯クスばっかだからねー。

そういうのより、「キスって、どんなかんじなんだろ…?!」くらいの、キスに憧れるようなドキドキがイイ!

更に言えば、唇をアップするより、この舞台のように背を向けてるくらいが一番ズキューン

そんなこんなで、乙女心が満たされて大満足な作品でした。

セーラームーンミュージカル ~はじめまして~

今日からブログを始めてみます。

ツイッターの140文字を飛び出して、あたまのなかみを垂れ流しさ!

さて、初回の今日は、先日みてきたセラミュことセーラームーンミュージカルについて。

子供の頃、親に連れられて一回くらいはみたことがある気がしないでもないセラミュ。

しかし当然あまり記憶が定かではないので、初めての気分!

ちょうど世代な私、セラムンときくと、ほぼ無条件でテンションあがります!

ここ最近のリバイバルもあって、幼少期にしまいこんだ宝箱をそっとあけた気分になってたんだよね。

すきなライターさん、少年アヤちゃんのツイートをみて、セラミュが関西にくることを知り、慌ててチケットを取ったのです。

みてきましたよ~~~

正直、人間がセーラー戦士をするとかそこまでやろー、と思ってました。すみません!!!

トーリーについては、???なところもあったけど、役者さんたちは本当に本当に素晴らしかった。

セーラー戦士が、確かにそこにいました。

表情、喋り方、昔みてたアニメそのまま。

私が特に推したいのはこの二方!

セーラージュピター/木野まこと 役の、高橋ユウさん

タキシード仮面様/地場衛 役の、大和悠河さん

それぞれの素晴らしいところを、書いてみます。

まず、高橋ユウさん

ユウジュピターは、誰よりも本物でした。

まこちゃんが、ジュピターが、そこで動いてる!ってかんじでした。

喋り方は勿論、動きがまこちゃんでしかない!

ポージング、角度、立ち振る舞い全てがまこちゃんそのもので、舞台上で一番目を奪われる存在でした。

まるで画面から飛び出てきたみたいで、なんというか、鳥肌もの!

なんでここまでぴたっとくるの???魂が乗り移ってるのではなかろうか!!!

私が観劇した日は、終演後に太陽系5戦士がお見送りしてくれる日でした。

ドアの近くで5人が一列に並んで、バイバーイって手を振っててくれるの。

想像以上に距離が近い!いいのか、大丈夫なのかこれ!ってくらいに。

みんな、キャーキャー、かわいいー、ってかんじで通過して行ったけど、

私、我慢できなくて、

「本物のまこちゃんみたいだった…!」って伝えてみたの。

そしたらね、こめかみから閉じたピースを飛ばしてくれた[emoji:v-354][emoji:v-354][emoji:v-354](え、伝わるかなこれ。)

その笑顔さえも、まこちゃんだった。

泣きそうになってそのままトイレにかけこんだとも。暫くバクバク。

もしかしたらマナー違反だったかのかもしれないけど…凄い宝物を手に入れたよ。

お次は大和悠河さん

や~~~、もう、色気!少女マンガの世界!うさぎちゃんが羨ましい!

そしてあのマント捌きの美しさたるや!一度目から「!」ってなったよ!

あのマント捌きは、美しさ以外にも重要な意味があると思ってるんですよ、私。

セラミュは、アニメを舞台化したもの。着ぐるみではなく、人間が、お衣装やカツラなどを使ってキャラクターになるもの。

アニメって、「人間より大げさ」という特徴があると思ってます。

人間より目が大きかったり、人間より派手な髪型だったり、人間より凄い動きができたり。

アニメを舞台化するということは、人間が人間を超えなければならない。

そうでないと、伝わらない、それっぽくない。

例えば、戦士の必殺技。

ウラヌスの「ワールド・シェイキング」の、「ワールド」と「シェイキング」の間に一瞬、ガクガクっとした動きをするでしょ?

でもこれは、人間離れした動きで、とても再現できない。

どうしても、こういうことがあると思うんです。

そこでそれを感じさせないための、人間を超えてゆく術がこのマント捌き!だと思っています。

ただ美しいだけでなく、より2.5次元に近づくための魔法。

そう考えると、マント捌きに敬礼したくなっちゃう。

今回はおふたりをプッシュしましたが、皆さん本当に素敵でした!

予断ですが、お食事のシーンで七木奏音マーズがチャーシューを落としてしまったところは、クスっとさせてもらいました笑

その姿さえ、キュート[emoji:v-238]

また関西きてくれるかな。待ってるよ。